一軒家を購入しよう

>

気に入るデザインにしよう

予算のことを決める

基本的に、こだわった部分が多ければそれだけ費用が高額になります。
一軒家のデザインを考える時に失敗してしまうパターンは、費用のことを考えずに希望を詰め込んで、支払いが困難になったという内容です。
どのくらいの予算なのか、1番先に決めておきましょう。

すると予算が足りなくて困る自体を回避できます。
予算が少なくても、こだわりの部分を1か所だけにすれば問題ないので安心してください。
こだわる部分を厳選しなければいけない場合は、それも先に決めておくと良いですね。
そして決めたことは、後から絶対に変えないでください。
あとで変えると、全てが狂うので最初からやり直しになります。
無駄な手間が発生するので、決めたことを守りましょう。

暮らす家族は誰か

誰が新しい一軒家で暮らすのか考えて、デザインを決めてください。
今は夫婦2人だけでも、これから子供が生まれるかもしれません。
親と同居する人もいるでしょう。
人数が増えた時のことを考えていないと、窮屈な空間になってしまいます。
デザインを考える前に、先のことまで見通して家族の人数を決めて
ください。

親と同居することが分かっているなら、空間を広く確保しておくと大丈夫です。
窮屈な空間では、プライバシーが守られない住宅になります。
いくら家族でも、そんな状態になるのは嫌だと思います。
また介護をする可能性が高いので、前もってバリアフリー機能を搭載しておくと良いでしょう。
すると同居する時にリフォームする手間を省けます。


この記事をシェアする